屋根塗装は大切な家を長持ちさせるためにとても大事なこと、屋根塗装の知識をしって、正しいリフォームを考えている方は、こちらのサイトをチェックしてみてください。

屋根塗装契約クーリングオフできる?

by blogger

屋根塗装工事には、意外とトラブルが多いのが現状です。

その多くは訪問販売によって、騙されて高額な塗装工事をリフォーム契約させられてしまうと言うケースがほとんどです。

屋根補修工事、屋根葺き直し工事、屋根塗装工事など見えない屋根に関しては、定期的なメンテナンスが必要な工事なだけに、悪質な販売業者が絶えることがありません。

近所で屋根リフォーム工事をしているのだけど、お宅の屋根が破損している様だとか、無料で屋根点検をしますよとか、キャンペーンをしていて格安でモデル塗装工事をしていますなど、実にこちらの気になるところをついて訪問営業してきます。

やはり狙われてしまうのは高齢者が多く、屋根が壊れているなどと言われたら不安になってしまうものです。

おまけに無料で点検をしてもらえるのなら…と考えてしまうのもわかります。

実際に屋根点検をしてもらうと、壊れている屋根の写真を見せられて、説明を受けます。

このままでは雨漏りも直にしてきますとか、地震があった場合に大変だなどと煽り、そして、相手を不安にさせたところで、そのまま契約書にサインをさせてしまうのです。

例えば、この契約書を結んだといっても、きちんと屋根塗装工事をしてくれるのであれば、なんの問題もありません。

それは普通の塗装業者なのですが、この訪問営業にくる業者の多くは残念ながらほとんど悪質な業者であることがわかっています。

では、もしもそのまま契約をしてしまったらどうすれば良いかといえば、それはクーリングオフをします。

屋根塗装工事のクーリングオフの理由には、契約した金額が大きすぎるので検討しなおしたい、他の業者の見積もりと比べたい、他社との比較をしたら相場より高かった、あまりにも値引きをされたので工事に不安を感じた、高齢者の親が契約してしまったが内容に不審な点がある、写真を見せられたが自分の家の物ではなかったなどがあります。

クーリングオフの条件は、クーリングオフできる契約かどうか、契約した場所が業者の事務所や営業所ではないこと、クーリングオフの説明についての書面を受け取ってから8日以内であること、個人の契約であることなどです。

クーリングオフできれば、支払った金額は全額返金、契約書も契約解除で無効、違約金などの請求もありません。

すでに屋根塗装工事をしている場合などは、業者負担で原状回復を要求できます。

わからないことがあれば、国民生活センターのホームページをチェックしてみましょう。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 屋根・外壁塗装でトラブルを起こさないために | Powered by WordPress