屋根塗装は大切な家を長持ちさせるためにとても大事なこと、屋根塗装の知識をしって、正しいリフォームを考えている方は、こちらのサイトをチェックしてみてください。

屋根修理の保険はどうなの?

by blogger

台風で屋根が壊れた!ヒョウがふって瓦が割れた!竜巻で屋根が飛んでいった!家の要とも言える屋根、この屋根が壊れてしまったら大変なことですよね。

すぐにでも屋根を修理しなくてはなりません。

そんな屋根の修理の強い味方が火災保険です。

火災保険を掛けていれば、屋根の修理費用がただになります。

しかし、この火災保険と屋根の修理については、色々とトラブルもある様なので、火災保険に入る前はきちんと調べておくようにしましょう。

インターネットで火災保険と屋根工事のキーワードで検索してみると、色々な事例を知ることができます。

まず、結果からいえば、火災保険で屋根工事ができるのかといえば、その答えがイエスです。

ただし、火災保険適応になるのは、それぞれの保険会社によって異なりますが、ある保険の適用例を紹介してみましょう。

火災保険の適用例として、対象物件が傾斜のある屋根である、築年数が10年以上、2階建て以上の建物であることです。

そして保険適応の理由には火災、台風、突風、竜巻、落雷、水害、ひょう、盗難です。

自然災害による屋根修理が必要になった場合には火災保険が適用されやすいと考えられます。

では、この火災保険と屋根工事に関して、どの様なトラブルがあるのかといえば、それは保険金詐欺です。

よくある話なのですが、騙されてしまう人もいるので注意しましょう。

多くは台風やヒョウなどの屋根に被害が起きそうな自然災害があった時にあります。

保険会社からの依頼で屋根の調査員と名乗る人が訪問して無料点検をし、実際に被害にあっている屋根の写真などを取ります。

これらの修理には火災保険を利用することで無料修理ができるとして、保険代行の手続をするという委任状を作成させられます。

しかし、実際には保険会社からの調査員とは偽物であり、業者から保険の請求がされている状態になります。

工事をする場合は、契約書の訪問した業者のみであり、他の業者に依頼するのであれば、保険金の30%を代行手数料として支払うと言う様な詐欺にあっていたということです。

この時点で詐欺に気づいていれば大きな問題にはなりにくいのですが、実際に工事を依頼してしまったら、相場よりも高額の工事費用を請求されたり、いい加減な修理がされたりなどというトラブルにも発展してしまいます。

リフォーム塗装に関しては、かなり詐欺業者が大挙しているので、十分に注意が必要です。

悪質な業者にだまされないためには、訪問された時にすぐに契約を行わない、わからないことは必ず確認を行う、委任状は作成しない、契約を急かす業者はあまり信頼できませんので気をつけましょう。

契約書類はしっかり読むこと、保険の内容に関しては保険会社に直接確認する様にしましょう。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 屋根・外壁塗装でトラブルを起こさないために | Powered by WordPress