屋根塗装は大切な家を長持ちさせるためにとても大事なこと、屋根塗装の知識をしって、正しいリフォームを考えている方は、こちらのサイトをチェックしてみてください。

屋根塗装の塗り替え時期は?

by blogger

屋根塗装は、定期的にリフォーム塗装をする必要があります。

私たちの生活は、家によって守られており、家は屋根や外壁に守られています。

耐久性を考えて建てられるわけですが、日常的に紫外線や雨、風にさらされている屋根は当然傷んできます。

屋根材というのは、1ミリにも満たない薄い塗膜で覆われていますが、この塗膜には耐用年数に限りがあります。

新築時では5~6年、最新の塗料であっても15年程度と言われています。

条件によってはこれよりも短くなる可能性があり、そして家自体の寿命は、およそ30年と言われています。

家の寿命30年というのは、屋根の塗膜が機能している状態であってこそであり、塗膜が劣化した状態だと家自体の寿命も短くなります。

ですから、家を守っていくためには、塗膜の劣化に応じて、屋根のリフォーム塗装をする必要があります。

塗り替え時期の目安について、屋根塗装の場合、カラートタンで5~8年、スレート(コロニアル)で10年、鉄鋼部3年、木材部3年と言われています。

直射日光が良く当たる箇所や同じ時期に建てられた建物であっても劣化の具合が異なります。

具体的に塗り換えの目安としては、スレート瓦の藻やコケの発生、鉄部の錆の発生などです。

シリコン系塗料、ウレタン系塗料、フッ素系塗料はそれぞれ塗り替えのタイミングが異なり、使用している塗料から塗り替えの目安を考えることもできます。

屋根の塗膜がどの様に劣化してくるのかといえば、まずは、艶がなくなってきます。

天に常にさらされている屋根は、汚れたり湿気を含んで苔が生えたりして段々と曇っていきます。

次第に色もあせてきて、彩度も悪くなります。

さらにチョーキング現象といって、屋根材の塗膜が紫外線と水により加水分解した状態になり、表面がざらざらと粉っぽくなっていきます。

クラック発生、塗料に含まれる防カビ剤の効果もなくなり更に苔の増量、そして塗膜が膨らんだり、塗膜が剥がれていきます。

この様に屋根の塗膜はどんどん劣化していきますので、クラックが発生する前には塗り替えをするべきです。

早い時期のリフォーム塗装の方が手間がかからない分、費用も掛からないので、早い段階でできるのであれば、屋根塗装をして、建物自体の劣化に繋がらない様にしましょう。

建物自体が劣化した場合、素材の劣化部分などの処理も必要になり、余分な費用がかかります。

屋根の塗膜をしっかり管理してよい状態を保っていけば、家は長く保持することができます。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 屋根・外壁塗装でトラブルを起こさないために | Powered by WordPress