屋根塗装は大切な家を長持ちさせるためにとても大事なこと、屋根塗装の知識をしって、正しいリフォームを考えている方は、こちらのサイトをチェックしてみてください。

屋根塗装の塗装回数は決まってる?

by blogger

屋根塗装をする場合、何回塗装をするのかと言うことをご存知でしょうか?

基本的には下塗り、中塗り、上塗りの三回になるのですが、三回も塗る必要がないのでは?

一回にして塗装費用を下げてほしいと言う人も中にはいる様です。

屋根塗装の回数について、何回必要か、どうしてその回数が必要かということを知っておくと良いでしょう。

多くの屋根塗装業者では、屋根の塗装は基本3回塗りになっています。

これは塗装費用を高くするためではなく、きちんとした理由があります。

塗装というのは定義として、下塗り、中塗り、上塗りの三回、そして下塗りの後に錆び止めを塗布します。

屋根の錆止めは、天にさらされている屋根には必須行程です。

そして、中塗り、上塗りについて、同じ塗料2回塗る理由は意味があるのかと思われますが、簡単にいえば、全て人間の手によっての作業だからです。

機械で塗布するのであれば、完璧に塗ることもできますが、屋根の塗装は職人が手作業でするので、塗りむらや塗り残しがある可能性があります。

塗布されている塗料の厚みも異なる場合があります。

真直ぐで平な箇所を塗るのとは違い、屋根の場合は、形状も複雑である、勾配もある、足場から離れた場所もある、その他天候や気温、湿度などの影響もあります。

ですから、中塗りの一回で完璧に仕上げるというのは、技術のある職人であっても、とても難しいということなのです。

思った以上に2回目の上塗りというのは、完全な屋根塗装に欠かせない行程です。

国土交通省の塗装管理基準で均一に塗れているかということが基準になっているし、塗料メーカーにおいても屋根塗装の下塗り含め、三回塗りが推奨されており、中塗りと上塗りをすることで、屋根自体の耐久性も飛躍的に高くなります。

そして、多くの人が気になる上塗り一回分の塗料塗布のコストですが、中塗りと上塗りにかかる費用は異なり、一回塗りの二倍より安くなりますが、塗料の厚みは、ほぼ2倍になります。

また、中塗りと上塗りをすることで耐久性が高くなることから、次回の屋根塗装までの期間を延ばすことができます。

安く仕上げても、結果リフォーム塗装の期間が短くなってしまっては費用は嵩んでしまうということになります。

屋根のリフォーム塗装をする場合、予算と塗りの回数というのはあまり関係ないと思った方が良いでしょう。

塗る回数を示されるとどうしても一回分の費用を考えてしまいますが、塗装料金というのは三回セットになっていると考えるべきです。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 屋根・外壁塗装でトラブルを起こさないために | Powered by WordPress